マイナンバーの取り扱いを巡って交渉

11月1日(木)、雇用保険等の手続きに際し書類にマイナンバーの記載が求められることに対し、愛知労働局と愛商連・民商が交渉をおこないました。

 この日は事務局だけではなく事業主の会員の方々も参加、「事務所は誰でも出入りできるのでマイナンバーは怖くて扱えない」などマイナンバーを扱えない事業者の実態を示して手続きの改善を求めました。

 交渉では労働局の担当者が回答不能になり中座する場面があるなど、行政の場当たり的な対応が露わになりました。

 また、全商連が厚生労働省との懇談でマイナンバー不記載の理由は「口頭でも受理する」とした回答を示して愛知労働局の対応を問いただしました。

 愛知労働局の担当者は「口頭で言いです」「各ハローワークにも徹底します」を得ることができました。

JUGEMテーマ:ビジネス



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

民商バナー

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:100 最後に更新した日:2018/11/30

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM