婦人部バス旅行!お食事と温泉、おしゃべりを楽しみました

 11月25日、民商婦人部では大人15人と小人4人が加して、木曽路へのバス旅行にとりくみました。

 午前8時45分、池下駅から出発したバスは、途中の2か所で婦人部員さんらをピックアップ。1路木曽にむけて出発しました。

 昼食会場の「ホテル木曽路」では、バイキングでお腹いっぱいの食事をいただき。

暖かい温泉も楽しむことができました。

 帰路はバスの中でのビンゴゲームを開催「なかなかそろわないね」「私はビンゴになったよ」などと白熱。

 また、道の駅など2か所に立ち寄りお土産を購入してお買い物も楽しむことができ、加したみなさん笑顔いっぱいの旅行となりました。

 婦人部では忘年会や新年会など楽しく交流できる企画にとりくみますので是非ご加ください。

 

大江戸温泉ホテル木曽路

http://kisoji.ooedoonsen.jp/

 

JUGEMテーマ:ビジネス


栄総行動で中税務署と交渉

11月14日、地域の労働組合・民主団体・市民など「みんなの要求をみんなで実現」しようと第90回栄総行動が名古屋市中区でおこなわれました。

 昼休みには、市内の3ヶ所からデモ行進が行われ、行進終了地点の栄ひろばで行われた集会には「消費税の増税はやめろ」「憲法九条守れ」など、たくさんの要求を掲げて150人余があつまりました。

 午後からは関係省庁や地方自治体・経営者団体・個別企業への「要請行動」が行われ、名古屋東部民商も中支部の役員さんを先頭に名古屋中税務署と交渉。

 消費税一〇%や複数税率、インボイスが導入されると業者は廃業に追い込まれる」「業者の状況を局に伝えて、増税は中止しろ」と訴えました。

 

違法な内観調査はただちにやめろ!

 

 また税務署の内観調査について「税務調査の前に署員が店に来て調べていくが、内観調査は違法なのでやめろ」と抗議と要請を行いました。

 対応した総務課長は「飲食の費用は捜査費という項目で官費から出ている」「上司の管理のもと適切に行なっているので問題はない」「税務署は常に情報を集めているので違法ではない」との回答を繰り返すのみに終始しました。

 交渉団から「飲食の領収書は情報公開でわかるのか」との質問に対して「領収書があるものもないものもある」「領収書がない場合の扱いは「通達」で認められているので問題ない」と回答。

 参加者から「税金なのに領収書なしで決済されるのはおかしい」「業者への調査では通用しない。直ちに改めるべき」と怒りの声が上がりました。

 また、「民商に相談のあった飲食店の調査では、例外なく内観調査が行われている」と事実を示すと、総務課長は「全てで(内観調査を)行うことは署の方針ではない」と答弁。「各課に確認して必要以上に行われているなら改める」と約束させることができました。

 

JUGEMテーマ:ビジネス

 


マイナンバーの取り扱いを巡って交渉

11月1日(木)、雇用保険等の手続きに際し書類にマイナンバーの記載が求められることに対し、愛知労働局と愛商連・民商が交渉をおこないました。

 この日は事務局だけではなく事業主の会員の方々も参加、「事務所は誰でも出入りできるのでマイナンバーは怖くて扱えない」などマイナンバーを扱えない事業者の実態を示して手続きの改善を求めました。

 交渉では労働局の担当者が回答不能になり中座する場面があるなど、行政の場当たり的な対応が露わになりました。

 また、全商連が厚生労働省との懇談でマイナンバー不記載の理由は「口頭でも受理する」とした回答を示して愛知労働局の対応を問いただしました。

 愛知労働局の担当者は「口頭で言いです」「各ハローワークにも徹底します」を得ることができました。

JUGEMテーマ:ビジネス


暴言を繰り返す税務署員に抗議!

 10月4日、名古屋市中区で飲食店を経営しているTさんの税務調査があり、民商の会員・役員のみなさんが立会いをおこないました。

 午後2時、店に来た税務署員は椅子に座ろうともせず「調査に関係ない人はこの場から退席しなさい」と発言。この恫喝するような態度に役員からは「あいさもせずにいきなり出て行けというのは納税者を脅すのか」「こんなひどい署員に仲間の調査をさせるわけにはいかない」と抗議をおこないました。

 抗議を受けて署員は椅子には座ったものの「事前通知はすでにおこなっている」「関係ない人の前では言えない」などと発言を繰り返しました。

 また電話連絡を外出先からしていることを問い詰めると「事前連絡をせずに伺うことはあります」「事前連絡をしないのには理由はあるが、上司の許可でやっているので問題ない」と暴言

 この日の調査は様々な暴言に抗議し、資料の開示は行わないまま終了しました。

 

第2回目の調査は18日に行いました。

調査の前に事務局から「調査の前に来店しているようだが事前調査か?」と質問すると税務署員は「お店に来ましたが、上司の許可のもと官費でおこなっているので問題ありません」と発言

 こうした発言に「店の営業に支障が出るような事前調査はやめろ」などと抗議をおこないました。

 支部役員会では、こうした強権的な調査に10月24日、名古屋中税務署へ抗議をおこないました

 調査になっているTさんも「2時間のうちほとんど商売とは直接関係がないプライベートなことを聞かれた」「署員の発言は威圧的で恐ろしい」と調査の感想も述べ改善を申し入れました。

 対応した個人課税統括官と総務課長は「今日、言われたことは担当にからも聞き改めるべき点は改めるようにする」「再度同じようなことがあれば、話は聞きます」との対応を約束させました。

JUGEMテーマ:ビジネス


新会員学習歓迎会を開催しました

 12月5日名古屋東部民主商工会に秋の運動で加入された会員を対象に新会員学修歓迎会を開催しました

 はじめにDVDで私たちの民商を鑑賞その後自己紹介とともに民商に加入した経過や困っていることなどについて交流、会長や役員のみなさんがそれらに応えながらにぎやかに楽しみました

 高橋会長からの規約や基本方向などもつかい、民商の歴史や取り組みなどについての講義に、新会員のMさんは「調査で追徴された税金をなんとか早く納めないといけない思っていたが、みなさんの話を聞いて安心できました」「自分の生活と営業を守りながら頑張っていきたい」と感想を話していました。

 この日の歓迎会に参加した新会員はお一人だけでしたが、三役や支部役員とともに支部の会員の方も参加していただけとても楽しい学習歓迎会となりました。

 

JUGEMテーマ:ビジネス

新会員のみなさん次回の学習歓迎会にはぜひご参加ください 役員一同ご来所をお待ちしています。


一人親方のみなさん、国民健康保険で現場には入れます!

 4月13日、1人親方保険と労働保険事務組合年度更新説明会が金山の特殊陶業市民会館で開催され事務局が加しました

 労働保険は毎年4月1日から翌年3月31日までを年度として保険料従業員の給与や請負工事高で計算します。

 民商では会員さんを対象にした労働保険の事務組合を作って従業員の労災保険や建築業事業主の特別加入事務をおこなっていますので、必要な方はぜひご利用ください。

JUGEMテーマ:ビジネス

 

国民健康保険で現場には入れます

 国土交通省が平成24年に発行したガイドラインに関連して「今年の4月からは社会保険に入らないと建築の現場には入れないと言われた」「監督に『社会保険の証明がいる』と言われて困っている」など民商にも相談が寄せられています。

 民商・全商連は早くからこの問題を取り上げ運動をおこなってきましたが、この4月に国土交通省は「加入義務のない保険に加入することまで求めていない」との文書を出しました。

 文書はアドレスでご覧いただくか、民商事務所にありますので是非活用してください。また、現場で困っている方がいましたらお渡しください。

 

「ガイドライン」取扱いについて

http://www.mlit.go.jp/common/001179858.pdf

資料1

http://www.mlit.go.jp/common/001179886.pdf


2016年愛知商工交流会が開催!

2016年愛知商工交流会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 11月6日、東別院会館にて第17回愛知商工交流会が開催され県下の民商から143名が参加をしました。

 商工交流会午前中は『中小業者の今と未来を考える〜今のやり方を少し変えてみる〜』をテーマに経営コンサルタントの石田仁さんのから「『売り上げ−経費=利益』ではなく『利益=売上−経費』の利益実現の計画が大切」「大手がやらないような商売の工夫が大切」など、全国で頑張っている業者の姿も紹介しながらわかりやすい講演がおこなわれました。

 また、5つに別れて行われた午後からの分科会では、杉本さんをはじめ平林さんや加藤三重子さんが発言をおこない、商売の経験や苦労など楽しく交流と学習がおこなわれました。

 今年の商工交流会には、名古屋東部民主商工会から6人が参加し「すごく良い話だったので民商でも改めてみんなで学習したい」「今日の講演を商売に活かせるように工夫していきたい」などの感想がよせられました。

JUGEMテーマ:ビジネス


千種区3支部合同でBBQを開催!

 

10月2日の午後から千種区の3支部合同でBBQが開催され、民商だけではなく地域の方々もふくめて20人が参加しました

今年の春に開催した会議で「バーベキューがやりたい」との意見をもとに、夏に開催した支部合同役員会で具体化この日の開催となりました。

西千種の林支部長がとってきた天然の鮎や田中(あいれん)さんが仕入れたお肉、たくさんの差し入れのお料理を美味しくいただきながら、商売や生活の近況報告などで話が盛り上がりとても楽しい会となりました

 

JUGEMテーマ:ビジネス


全商連付属中小商工業研究所 第12回夏期研究集会に200人以上が参加

 8月20日、21日の日程で全商連付属中小商工業研究所が主宰する第12回夏期研究集会が岐阜県の長良川国際会議場と岐阜大学を会場に開催されました。

 1日目の全体会では全国から200人を超える方々が加され「小規模企業を主役に地域の再生を」をテーマにした岡田知弘・`京都大学教授の講演とともに「岐阜の地場産業と地域づくり」や「チャンスを拓く事業継承・経営革新」の2つのパネルディスカッションが開催され加したみなさん真剣に耳を傾けていました

 最後の「事業継承」をテーマにしたパネルディスカッションでは名古屋東部民商の杉本さんがパネリストとして登壇。

 事業を先代から引き継いだ経過やいま苦労していることなどを語るとともに「職人の仕事を若い人たちがやりがいを持ってできる仕事へと変えていきたい」と思いを発言すると会場からあたたかい拍手が送られていました。

 

JUGEMテーマ:ビジネス


全商連第28回事務局員交流会に参加

 7月27日から28日の日程で全商連第28回事務局員交流会が奈良市内を会場にして開催されました
 1日目は「リアルの現状を出し合い、英知を出し合って具体的な討論を」と太田全商連会長のあいさつの後、二宮厚美(神戸大名誉教授)さんの記念講演、交流会への報告と問題提起、そして今回初めて企画された「パネルディスカッション」が行なわれました
 2日目の午前中は分散会が行われ20の会場に分かれて討論を行いました。
 午後には鹿児島県曽於市長の五位塚剛市長の講演を受けて全ての議事を終了しました。
 交流会に参加して参議院選挙後の情勢や運動の展望、そして全国の事務局員の奮闘にも触れることのできた2日間でした。

 事務局不在のあいだ、奮闘された会員と役員のみなさんありがとうございました。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

民商バナー

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:100 最後に更新した日:2018/11/30

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM