新会員学習歓迎会を開催しました

 12月5日名古屋東部民主商工会に秋の運動で加入された会員を対象に新会員学修歓迎会を開催しました

 はじめにDVDで私たちの民商を鑑賞その後自己紹介とともに民商に加入した経過や困っていることなどについて交流、会長や役員のみなさんがそれらに応えながらにぎやかに楽しみました

 高橋会長からの規約や基本方向などもつかい、民商の歴史や取り組みなどについての講義に、新会員のMさんは「調査で追徴された税金をなんとか早く納めないといけない思っていたが、みなさんの話を聞いて安心できました」「自分の生活と営業を守りながら頑張っていきたい」と感想を話していました。

 この日の歓迎会に参加した新会員はお一人だけでしたが、三役や支部役員とともに支部の会員の方も参加していただけとても楽しい学習歓迎会となりました。

 

JUGEMテーマ:ビジネス

新会員のみなさん次回の学習歓迎会にはぜひご参加ください 役員一同ご来所をお待ちしています。


2016年愛知商工交流会が開催!

2016年愛知商工交流会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 11月6日、東別院会館にて第17回愛知商工交流会が開催され県下の民商から143名が参加をしました。

 商工交流会午前中は『中小業者の今と未来を考える〜今のやり方を少し変えてみる〜』をテーマに経営コンサルタントの石田仁さんのから「『売り上げ−経費=利益』ではなく『利益=売上−経費』の利益実現の計画が大切」「大手がやらないような商売の工夫が大切」など、全国で頑張っている業者の姿も紹介しながらわかりやすい講演がおこなわれました。

 また、5つに別れて行われた午後からの分科会では、杉本さんをはじめ平林さんや加藤三重子さんが発言をおこない、商売の経験や苦労など楽しく交流と学習がおこなわれました。

 今年の商工交流会には、名古屋東部民主商工会から6人が参加し「すごく良い話だったので民商でも改めてみんなで学習したい」「今日の講演を商売に活かせるように工夫していきたい」などの感想がよせられました。

JUGEMテーマ:ビジネス


全商連付属中小商工業研究所 第12回夏期研究集会に200人以上が参加

 8月20日、21日の日程で全商連付属中小商工業研究所が主宰する第12回夏期研究集会が岐阜県の長良川国際会議場と岐阜大学を会場に開催されました。

 1日目の全体会では全国から200人を超える方々が加され「小規模企業を主役に地域の再生を」をテーマにした岡田知弘・`京都大学教授の講演とともに「岐阜の地場産業と地域づくり」や「チャンスを拓く事業継承・経営革新」の2つのパネルディスカッションが開催され加したみなさん真剣に耳を傾けていました

 最後の「事業継承」をテーマにしたパネルディスカッションでは名古屋東部民商の杉本さんがパネリストとして登壇。

 事業を先代から引き継いだ経過やいま苦労していることなどを語るとともに「職人の仕事を若い人たちがやりがいを持ってできる仕事へと変えていきたい」と思いを発言すると会場からあたたかい拍手が送られていました。

 

JUGEMテーマ:ビジネス


融資の相談に民商を訪問

昨日、10年ほど前に民商を止められた早瀬さんの紹介で建築業を営んでいる方が訪ねてこられました。

 

相談の内容は「資金繰りに困っているので融資を受けたい」とのことでしたので、保証協会や融資制度を説明とともに民商についてもお話しさせていただき、早速融資を申し込む準備を進めることになりました。

 

民商への入会はもう少し先になりそうですが、紹介してくださった早瀬さんも元気にしているとお聞きでき、いまだに民商を忘れずにお知り合いを紹介してくださることにとても嬉しく思いました

 

JUGEMテーマ:ビジネス


愛商連第68回定期総会 歴史の転換点にふさわしい強大な民商・愛商連を

 6月12日、愛知県商工団体連合会第68回定期総会が開催されました。

 はじめに太田義郎愛商連会長が「歴史の転換点にふさわしい強大な民商・愛商連を建設しよう」と挨拶をおこないました、続いて来賓には日本共産党からたけだ良介比例予定候補と愛知県労働組合総連合(愛労連)議長の榑松佐1さんから挨拶をいただきました

 また「安倍内閣の暴走とどう戦うか?憲法の危機にこうして」と題して中谷雄一弁護士が講演を行いました。

 総会方針の提案や決算報告、予算案の報告を行い午前中の議事を終了、午後からは愛知県下から9人の方が代表発言を行いました。

 代表発言のいずれも日頃の活動での奮闘や苦労などが元気に語られ、民商の魅力を感じるものばかりでした。

愛連定期総会では方針案と決算・予算案いずれも総会加者の賛成多数で承認され、続いて提案された新役員案も満場の拍手で承認されました

 名古屋東部民商からは高橋会長が愛商連常任理事。岡田勲副会長、酒井浩司会計が愛商連理事として選出されました。また、この総会には代議員、評議員として11人が加しました。

 

愛知県商工団体連合会 http://aishoren.org/

 

JUGEMテーマ:ビジネス


晴天のもと「さくらまつり」に 1000人以上が参加

さくらまつり2016
3月27日、民商や地域の諸団体が実行委員会を作って開催している「水道みち・仲田公園さくらまつり」が開催され、地域の方など約1000人の方にさくらまつりを楽しんでいただけました。
第9回を迎える「さくらまつり」に他団体で作る実行委員会とは別に、民商内でも独自の実行委員会をつくり「ブースの参加をひろげよう」「要員などの分担もやろう」と話しあいと準備を進めてきました
「まつり」当日も資材搬入や設営、ブースの準備など早朝から役員さんを先頭に手分けをしてすすめてきました。
ブースで販売する「イカ焼き」も千種区の「あいれん」さんのお店で前日までに下ごしらえを済ませていただき、午前10時の開会と同時に販売することができ「今年は甘口で美味しいね」「すごく柔らかいよ」と大変好評で120杯のイカを完売することができました。
高橋会長がつくる「綿菓子」も子供達に好評で「すごく甘い」「大きくてびっくり」などと子供たちの列が絶えることなく続いていました。
JUGEMテーマ:ビジネス

 

ちくさ「こども食堂」を開催!

2015年12月27日開催のチラシ画像12月27日、民商会員の加藤三重子さんのお店(キッチンARAGUSA)で『ちくさこども食堂』が開催されました。

午後3時から民商会 員の今井 さんや地域の方々が集まり「スタッッフの名札を作ったほうがいいね」「受付はどうしよう」などとお客さんを迎え入れる準備や「芋の切り方はこれでいいの」 「もっと甘いほうがいいかな」と芋煮とカレーライスの調理など、参加したみなさんが役割を分担して手際よく準備をおこないました。

午後5時の開店と同時にお客さんも来店され「『芋煮』ってはじめて食べたよ」「カレーライス美味しかった」などと楽しそうに食事をしていました。

当日はこども連れの方だけではなく「自分の住んでいる地域でもやりたいと思って見学にきました」など遠方からの参加や「カンパをさせてください」とたくさんの応援が寄せられるなど、『こども食堂』への関心の高さをあらためて感じるとりくみとなりました。
次回は1月31日開催の予定です、ぜひご参加ください。


JUGEMテーマ:モブログ

マイナンバー学習会を開催しました

 11月6日、名古屋北法律事務所・千種事務所の伊藤勤也弁護士を講師に招いてマイナンバーの学習会を開催しました。
 マイナンバーの制度や運用、これからの計画とともに中小業者にとって必要な対策なども講義のなかで時間をとって説明をしていただけ大変わかりやすい学習会となりました。
 この日の参加は会員や商工新聞読者など9人が参加、質疑の時間には「書類にマイナンバーの記載をしないと罰則があるのか」「従業員に番号の提示を断られたら強制できないよね」などの意見や「番号を振られることが嫌!何とかやめにさせたい」などの意見や感想が出されました。
 マイナンバーの学習会は愛商連でも開催しますので是非ご参加ください
また、名古屋東部民商でも適宜学習会を開催していく予定です。

JUGEMテーマ:ビジネス

青年業者の経営セミナーを開催

9月1日名古屋東部民商では、若い建築業の会員を対象にした「青年経営セミナー」の第2回目を開催しました。
前回の3人から今回は6人の参加となり、業種も塗装業やガラス・サッシ施工、大理石施工などと幅広い業種の方が参加し、「現場では自分より年上が多いのでなかなか上手く指示ができない」「いろいろなつながりを作ることが大切と思っている」などと仕事や生活のことなど幅広いテーマで交流をおこないました
これからのとりくみについても「民商会員のお店をもっと知りたい」「つながりを広げて売り上げを伸ばしていきたい」などといろいろな要求が出され、交流会を開催することや春日井民商の「匠ネット」を見学に行くことなどを話し合いました

JUGEMテーマ:ビジネス

さくらまつりを開催しました

3月29日、千種区内の仲田公園で第8回「すいどう道・仲田公園さくらまつり」を開催しました。

午前8時設営開始!

会場の仲田公園周辺に実行委員会や出店する方々があつまり、テントの設営や機材、商品の搬入でみなさん大忙しです

午前10時

実行委員のあいさつの後、開幕だいこを合図におまつりを開始
出店するお店のあちらこちらで呼び込みの元気な声が響くなか、民商役員さんたちもイカ焼きや焼おにぎり、綿がしなどを販売しました

青年部高橋会長が自らつくる大人気の綿がしには、いつも家族連れや子どもたちの列ができていました。婦人部のバザーは開店を待ちきれない様子で次々とバザーの商品を品定めするお客さんで大賑わいです
さくらまつりは名古屋東部民商の会員さんと1000種区の地域でお商売をしている方のほかにも、北区や瑞穂区、そして県連の青年部(愛青協)のブース出店もあり、みなさんの協力でとても盛況でした。
さくらと鶯
朝、見ることのできた青空は、時間とともに厚い雲へと変わってしまい、お昼にはポツポツと雨が降り出すお天気となってしまい、ちょっと早めに店じまいとなてしまいました
でも、地域の方や民商の会員さんなど幅広いつながりで多くの方々に加していただけ、とても賑やかなおまつりとなりました

ありがとうございました



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

民商バナー

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:96 最後に更新した日:2017/12/15

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM